スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

563号

発行日2009年6月1日 563号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞

有期雇用者のリフレッシュ休暇
についての要求書を提出しました。
また、チェックオフに関する協約
の締結を行いました。

 5月29日(金)に会社と団交を行い、26日に行われた代議員会で可決された有期雇用者のリフレッシュ休暇に関する要求書の提出と、チェックオフに関する協約の締結を行いました。(別紙参照)
団交では、最初に要求書の読み上げが行われた後、質疑応答が行われました。

(以下団交発言から抜粋)
会社:この要求書で要求している根拠は、この要求に書かれていることが全てなのか?
会社の回答に到底納得がいかないというのが、要求の全ての根拠なのか?
組合:補足をすると、そもそもリフレッシュ休暇というのは、厚生労働省の“日本人は働きすぎなので、連続した休暇を取得し余暇の充実を通じて心身両面でリフレッシュすることが好ましい”という指針に基づいて始まったものであることからも、正社員と有期雇用者を差別するのはおかしいという考えがあるからです
会社:そういうことが書いてないから確認したのです。そもそも納得のいく回答とは何なのか?
組合:組合の要求に答える回答なのではないでしょうか?
会社:同条件というのは難しいと考えるが、ここは協議の場ではないので、会社でも持ち帰り検討した上で回答します。回答を行う時に協議は行います。
組合:今回の要求書では、会社の考えがまとまり次第回答を頂きたいという趣旨で、回答指定日はあえて指定していませんのでよろしくお願いします。
会社:分かりました。
(ここまで団交発言より抜粋)

要求書に関する質疑応答の後、チェックオフに関する協約の調印が行われ団交は終了しました。

今回の団交では、有期雇用者のリフレッシュ休暇がなるべくはやく運用されるために、春闘要求と切り離して要求を行いましたが、もちろん春夏闘はまだ続いています。
諸要求がゼロ回答であるばかりか、夏季一時金についてはまだ回答さえも行われていません。
諸要求は私たちが安心して働く環境にするために必要なものですし、一時金も生活給なので、非常に重要なものです。
業務も繁忙期に入り大変な時期になってきますが、団結して頑張っていきましょう!!
スポンサーサイト
2009-06-01 : 組合新聞 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »
フリーエリア
Pagetop

FC2カウンター

TwitterWind

プロフィール

執行部

Author:執行部
福岡にあるテレビ朝日系列の民放局、KBCの関連プロダクション労働組合です。2000年に労働組合が設立されました。このブログでは組合新聞をテキストベースで紹介していきます。ご理解とご支援よろしくお願いいたします。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。