スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

549号

発行日2009年1月30日 549号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞

28日(水)に今年最初の団交が開催され、
会社からリフレッシュ休暇制度規定(案)が
組合に提出されました。

1月28日(水)に会社と団交を行い、年末闘争で組合が会社に要求していた、有期雇用者のリフレッシュ休暇についての回答が行われ、会社からリフレッシュ休暇制度規定(案)が組合に提出されました。(リフレッシュ休暇制度規定案は裏面に掲載)
今回の会社案では、組合が要求していた“正社員と有期雇用者が同条件”になっておらず、正社員の休暇日数が5日なのに対し有期雇用者は3日、正社員の手当てが30,000円なのに対して、有期雇用者は15,000円となっています。
会社は、今回このような条件を提示した理由として「休暇日数を3日としたのは、そもそも正社員と有期雇用者では契約条件が違うからであり。15,000円という金額については、昨年下期より経費削減を行い従業員にも協力してもらっているが、会社の経営はいまだに赤字が改善されずにひどくなっている。正社員の30,000円を5日で割ると1日6,000円となるが、そもそも正社員と有期雇用者では労働契約に違いがあることからも、1日5,000円で計算して3日分の15,000円としたいと考えています。今回のこの案については納得してくれとはいえないが、みなさんのご理解を頂きたい。今後の組合との協議の中で決定したい」と説明しました。
組合が、「この規定は就業規則に盛り込まれるのですか?」と質問すると、会社は「就業規則はもちろんのこと、契約スタッフ制度に関する規定にもきちんと盛り込みます」と明言しました。
組合は、「内容については到底納得のいくものではないが、一旦持ち帰り組合員と協議を行います」と回答し、今後の団交の中で協議を行うこととしました。
また、団交では、会社がホットビズで就業規則の改訂等についての情報を、組合に何の告知もなく従業員に回覧されたことについても協議を行い、組合から「今後は労働条件に関する変更を行う際は、組合にも告知して欲しい」と要請しました、すると会社は「就業規則の改訂については、残念ながら貴組合は過半数組合ではないので協議の対象ではありません。今後の団交で、組合が説明を求めれば説明には応じますが、現段階では組合に告知する義務は無いと考えています」と回答しました。(以前の団交の中でも、組合から「労働条件に関する回覧を行う際は、組合に告知を行うよう」会社に求めており、会社は「全ての回覧について告知するのは現実的ではないので、どの部分について告知が必要か協議をしなければならない」と回答をしていましたが、その後協議が行われていなかったことを踏まえて)組合は「以前も事前告知の申し入れをしていたが、告知の範囲についての協議が中断しているので、再度この件について協議を行いたい」と申し入れを行いました。
今回のリフレッシュ休暇制度に関する会社案は、組合の要求とはかけ離れたものではありますが、現場からの意見を収集した上で、今後の方針を決定したいと執行部は考えています。
執行部のみなさんは各職場で職集を行い、現場からの意見の収集を行ってください。
職集を行い、現場からの意見収集を行ってください!

【 今後のスケジュール 】

1月31日(土)~2月1日(日) 九州地連第3回地連委員会(福岡)
2月14日(土) 九州地連女性協議会「春を呼ぶ女性のつどい」(福岡)
2月25日(水) 民放労連統一春闘要求提出日

安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
スポンサーサイト
2009-01-30 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
フリーエリア
Pagetop

FC2カウンター

TwitterWind

プロフィール

執行部

Author:執行部
福岡にあるテレビ朝日系列の民放局、KBCの関連プロダクション労働組合です。2000年に労働組合が設立されました。このブログでは組合新聞をテキストベースで紹介していきます。ご理解とご支援よろしくお願いいたします。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。