スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

545号

発行日2008年12月17日 545号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞

15日の第5回臨時大会で
年末一時金の分離収拾案が可決。
翌日に会社と妥結調印団交。
支給日は12月19日(金)です。

15日(月)の臨時大会で年末一時金の分離収拾案が可決。

15日(月)に第5回臨時大会が行われ、今年の年末闘争についての経過報告と年末一時金に関する分離収拾案の提案が行われました。
大会は、出席者17名委任状11名で無事に成立しました。大会では執行部から「今年の年末闘争は世界的不況の中で、どれだけ私たちの生活に影響を及ぼすかが焦点となっていたが、結果的には労連内においてもかなり厳しい回答が多かった」という報告からはじまり、KBC映像労組においては、今年の年末闘争の一次回答で年末一時金の回答が行われず、諸要求もゼロ回答であったこと。二次回答には壁ストを構え、有期雇用者のリフレッシュ休暇復活を重点的にたたかった結果“有期雇用者のリフレッシュ休暇を来年度から実施します”という回答を引き出せたこと。また、一時金の算式は一時金の一次回答で昨年の妥結算式より、金額にして30歳モデルで約2万7千円も下がっていた。二次回答では、乗率が0.01上乗せされたものの、満足のいく回答ではなかったことなど、年末闘争の経過報告が行われました。
経過報告のあと、執行部から「今年の年末一時金に関しては非常に厳しい結果となった、これまで経営状況が悪いと会社が発言していたときでも、乗率を下げられたことはなく、この結果は重く受け止めなければならない。しかし、諸要求においては、重点要求として掲げていた“有期雇用者へのリフレッシュ休暇の来年度からの実施”を勝ち取ったことからも、一定の成果があったものと考えている。また、会社は「会社の赤字体質について精査を行い分析した結果を組合に報告したい」と明言しており、今後会社が契約を見直すことを期待できることからも、年末一時金に関しては分離収拾を図りたい」という提案を行いました。
その後の討論の中では、組合員から「不況宣伝に惑わされていないか?とても納得できない」という意見が出され、執行部から「会社の分析結果を待った上で、賃金闘争を行いたい」という説明が行われました。
討論の後、採決が行われ賛成多数で年末一時金分離収拾案は可決されました。
今回の大会は注目が集まっていたこともあり、業務が忙しい中17名の組合員が参加しました。これからも組合の組織を大きくしていくだけでなく、団結を強くしてたたかっていきましょう!!

[年末一時金分離収拾案 採決結果]

賛成:26 反対:2 保留:0
上記の通り有効投票数の過半数を超しましたので可決されました。
2008年12月15日
民放労連KBC映像労働組合
選挙管理委員会

会社と年末一時金に関する妥結調印を行いました。

16日(火)9時15分から会社と、年末一時金に関する妥結調印団交を行いました。調印を行う際に、組合は「今回の回答は非常に厳しいものだったが、会社が“赤字体質になっている問題を早急に精査し分析したうえで、契約等の見直しも行う”と明言したので、組合員の納得を得ることが出来た。有期雇用者のリフレッシュ休暇についても前向きな回答をお願いします」と伝えました。すると会社からは「必ずしも納得のいく回答では無かったと思うが、今の経営状況では精一杯であったことを理解して欲しい。リフレッシュ休暇についても、組合に早期に提案を行います」との回答がありました。
支給日に関しては、大会より前に会社から「これまでは、調印団交の予定日の前から、銀行への手続きの準備を行っていたが、今後はきちんとした手順を踏むためにも、調印後に手続きの作業を行いたい。この場合支給日は22日(月)となります」と申し入れがありました。これを受け執行部は大会で「要求書も“支給日については、労使合意した日から一週間以内とすること。”としているので、要求書の期限が守られるならば、問題ないと考える」と報告を行っていました。
しかしこの日の団交では、会社から「週末をはさむこともあり、19日(金)の支給に間に合うように作業を行いました」との報告がありました。
よって、今年の年末一時金の支給日は12月19日(金)となります。

1月17日(土)・18日(日)に九州地連主催の
春闘学習会が行われます。参加費は組合が負担しますので、
たくさんの組合員の参加をお待ちしています。

【 今後のスケジュール 】

1月17日(土)~18日(日) 九州地連・春闘学習会(福岡)
1月24日(土)~25日(日) 民放労連臨時大会(東京)

安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
スポンサーサイト
2008-12-17 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
フリーエリア
Pagetop

FC2カウンター

TwitterWind

プロフィール

執行部

Author:執行部
福岡にあるテレビ朝日系列の民放局、KBCの関連プロダクション労働組合です。2000年に労働組合が設立されました。このブログでは組合新聞をテキストベースで紹介していきます。ご理解とご支援よろしくお願いいたします。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。