スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

534号

発行日2008年11月11日 534号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞


年末要求に対するスト権確立。
明日は注目の一次回答指定日です。


 いよいよ、明日11月12日(水)は民放労連統一の年末要求一次回答指定日です。

 年末闘争では、有期雇用者の正社員化へ向けた制度作りや、有期雇用者へのリフレッシュ休暇制度、生理休暇の有給化など、私たちが安心して働ける職場にするための要求が多数提出されています。

 ここ数年、KBC映像の会社では多くの方が会社を去っています。派遣先で退職者が出た場合、アルバイトを契約社員にして派遣に送るなど(本人にとっては喜ばしいことかもしれませんが)、会社の採用は場当たり的な採用も多く、会社の将来を展望したものとはとても思えません。このままでは会社の技術力は衰退し、他社と技術競争ができなくなり、会社のいう「危機的状況」が訪れかねない状況です。

 会社を去られた方には、家庭の事情など、やむなき事情によって会社を去られた方もいますが、「会社の待遇に不満があって会社を辞めます」という声がはっきりと組合に寄せられたこともあります。組合としても待遇改善を勝ち取ることは急務であると同時に、待遇改善によって人材の流出を防ぐことは会社の技術力を守ることにつながると考えています。

 社会情勢を見ると、アメリカの経済不況に伴い、日本でも特に輸出産業においては多額の減収減益が報じられています。今年の年末闘争は、このような不況宣伝に惑わされることなく、私たちの会社にどれだけの影響があるのかを、民放労連や九州地連と情報を交換し、正確に分析した上でたたかっていかなければなりません。

 しかし、このような厳しい時代だからこそ、会社は人材に先行投資し、会社の技術力を維持・向上させていかなければならないのではないでしょうか?


ストライキ権賛成多数で成立!

 11月5日(水)~10日(月)の期間で投票を行っていた、年末要求に対するストライキ権は、裏面に掲載しているとおり賛成多数ですべて成立いたしました。
 一緒に働いている、構内労働者の労働条件を勝ち取るためにも、年末闘争で一致団結して頑張りましょう!


【今後のスケジュール 】

11月12日(水) 民放労連統一・年末要求一次回答指定日
11月16日(日) 第2回地連委員会(IN 福岡)
11月28日(水) 民放労連統一・再回答指定日
12月 7日(日) 第62回福岡国際マラソン選手権大会


安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
スポンサーサイト
2008-11-11 : 組合新聞 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »
フリーエリア
Pagetop

FC2カウンター

TwitterWind

プロフィール

執行部

Author:執行部
福岡にあるテレビ朝日系列の民放局、KBCの関連プロダクション労働組合です。2000年に労働組合が設立されました。このブログでは組合新聞をテキストベースで紹介していきます。ご理解とご支援よろしくお願いいたします。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。