スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

511号

発行日2008年4月8日 511号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞

E-mail: kbceizo‐uni@r2.dion.ne.jp
URL : http://www.interq.or.jp/ox/eizo-uni/


4月2日団交報告 ~第2回~
 
 今号は4月2日に行われた団交で、いくつか会社に対して質問を出していますのでこの点について報告を行います。

有期雇用者の契約更改について。
有期雇用者の契約更改は評定の結果に基づいて翌年度の年俸額が決められています。
この点について会社に「有期雇用者の中には、評定結果を知りたいと言っている人もいる。評定結果を本人に見せないのか。」と質問したところ、「評定結果は本人には見せません。本人の質問には、当該部長が説明はしていますが。」という内容の回答をしています。
再度組合から「『自分のどこがよくて、どこが足りないのかをきちんと知って来年に生かしたい。』という声もある。公開を望む人にはかまわないのではないか。」と質問しましたが、会社の答えは変わりませんでした。また、これに付随して「以前は『評定用紙』を組合がもらっていたので、現在のものを組合にもらえないのか。」と質問しましたが、
会社は「今ここでは決定できない。」と回答したため、次回の団交までに回答するように申し入れています。(注:ここでいう評定用紙とは、各個人の評定結果ではなく、どういった項目で評定を行っているのかを公開して欲しい。という意味です。)

リフレッシュ手当の凍結解除について。
 510号でもお伝えしましたが、「リフレッシュ休暇手当の凍結解除」は正社員だけを対象に行われます。この件について、組合は『最初は、有期雇用者にもリフレッシュ休暇手当があった。「正社員だけに適用」というのはどういう経緯でそのようになったのか。このように変わったのは藤野前労担のときなので、この場で回答はできないだろうが、調査してほしい。』と申し入れています。
 また、これと関連して「現実的には無いかもしれないが、代休と有休を全て消化してしまった人がリフレッシュを取得するのは可能ですか。」と質問したところ、これについても会社は「調べます。」と答えました。

 
(会社からの回答書を別紙で掲載しています。)

【今後のスケジュール】
4月12日(土)        第5回地連委員会(IN福岡)
5月 1日(木)        メーデー

(組合新聞はインターネットでも見ることができます。『KBC映像労組』で検索して下さい。)

安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
スポンサーサイト
2008-04-08 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
フリーエリア
Pagetop

FC2カウンター

TwitterWind

プロフィール

執行部

Author:執行部
福岡にあるテレビ朝日系列の民放局、KBCの関連プロダクション労働組合です。2000年に労働組合が設立されました。このブログでは組合新聞をテキストベースで紹介していきます。ご理解とご支援よろしくお願いいたします。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。