スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

507号

発行日2008年3月24日 507号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞

E-mail: kbceizo‐uni@r2.dion.ne.jp
URL : http://www.interq.or.jp/ox/eizo-uni/


今年こそベア獲得を
回答日は4月2日(水)です



そもそも春闘って…。

 KBC映像労組は労連統一の提出日から遅れて3月17日(月)に春夏闘要求を会社に提出しました。また、回答指定日は労連統一の二次回答指定日に合わせ3月26日としていましたが、団交の席で会社からの要望を受け入れ4月2日を回答日としたことまでは前号でお伝えしました。これでようやくKBC映像労組も春闘に突入したわけですが、そもそも春闘やベアとは何なのか。組合結成当初は新聞や大会で何度もお伝えしましたが、最近は余りこの事に触れることも無かったので、本日はこの基本的な部分についてお伝えしたいと思います。
 ベアとは「ベースアップ」の略で「給料の底上げをしてくれ」と要求するたたかいのことです。正社員の基本給は、KBC映像の場合「年齢給」と「職能給」で構成されています。これは階段表があり、4月には定期昇給といって、年齢給が1つ上がり職能給も1つ上がります(以前は人事評定の結果で職能給の上がり方は変化していました)。しかしながら、物価の上昇などもあって、定期昇給だけでは足りないのが現実です。KBC映像の場合それ以前に低すぎますが。そこで、「4月からの新しい給料になるときに階段表そのものの金額を上げて、全体の給料のベースを上げてくれ」と会社に要求するのがベースアップです。また、春闘=ベースアップという認識でも間違いではありませんが、春闘では賃上げだけでなく、「労働時間の短縮」や「労働環境の改善」なども要求します。単組の場合だと「有期雇用者の正社員化」も重要な要求として会社に提出しています。
 このような「給料を上げてくれ」という要求を個人で会社に対して行っても相手にされないのがほとんどです。そのために労働組合という組織があり、労働者が力を合わせて会社と対等な立場で交渉を行うのです。すなわち、春闘=(ひとりでは弱い労働者の力を結集した)労働組合のたたかいなのです。
 組合員全員が団結して運動を行い、団結した力を会社に見せつける事が、私たちの労働条件を向上させ、生活にゆとりを生むことに繋がります。この事は仕事にもいい影響を及ぼし、会社の利益にも繋がってくることだと執行部は考えます。
 まずは、会社に現場の声を届けるためにも、職場ごとに職場新聞の発行をお願いします。

【今後のスケジュール】
3月26日(水) 労連統一 春闘要求二次回答指定日
4月 2日(水) 春夏闘要求 一次回答日

(組合新聞はインターネットでも見ることができます。『KBC映像労組』で検索して下さい。)

安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
スポンサーサイト
2008-03-24 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
フリーエリア
Pagetop

FC2カウンター

TwitterWind

プロフィール

執行部

Author:執行部
福岡にあるテレビ朝日系列の民放局、KBCの関連プロダクション労働組合です。2000年に労働組合が設立されました。このブログでは組合新聞をテキストベースで紹介していきます。ご理解とご支援よろしくお願いいたします。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。