スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

609号

発行日2010年2月4日 609号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞


年末一時金アンケート
評定の曖昧さへの不満が多数


昨年末、正社員の組合員を対象に実施した年末一時金(個人業績評価額)のアンケートを集計しました。(回答対象者28 回収数23 回収率82.1%)
ほとんどの従業員が平均値のBという評定でした。しかし、夏季と年末で、評定がAからBに下がった人が1人、BからCに下がった人が1人、横ばいが18人と、評定が上がった人はいないということが明らかになりました。
一方、評定が公平に行われたと考える人は0人で、基準の曖昧さにはこのような不満の声が多数を占めました。

●「基準が明確でない為、どの程度仕事をすればS評価になるのか分からない。ましてやD評価の基準も理解できない。」
●「(評定基準を)設定する以上その根拠を面談で示してほしい。⇒納得材料になるし、今後の業務姿勢改善にもつながる」

会社の評定基準とはスキルの高さでしょうか?残業時間の少なさでしょうか?予算の達成度でしょうか?
いずれにしても評定するためには、会社の明確な経営方針と具体的な目標があって、初めて達成度が測れるのではないでしょうか?
09年度もあと2カ月。現在の中長期経営計画の年度が終わろうとしています。従業員個人を評定できたのであれば、当然、会社は自身で出した経営計画の評定も下すのでしょう。
曖昧な基準による成果主義的な賞与には、執行部は断固反対しつづけます。
(裏面に集計結果)


過半数組合まであと2人

KBC映像労働組合は従業員過半数まであと2人となりました。一時期は27人まで減っていた組合員数も56名まで増えました。組合は個人では解決できない問題をみんなで解決する組織です。雇用環境がますます悪化しています。いざという時に皆でたち向かうためにも、是非組合への加入をお願いします。


【 今後のスケジュール 】
2月20日(土)          九州地連女性協議会 「春を呼ぶ女性のつどい」
(組合新聞はインターネットでも見ることができます。『KBC映像労組』で検索して下さい。)

安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる

-----

年末一時金(個人業績評価額)についてのアンケート集計結果

(回答対象者28 回収数23 回収率82.1%)

2009年度 夏季一時金 ランクと支給額

S:7万円 0人
A:5万円 2人
B:2万円 18人
C:-2万円 0人
D:-5万円 0人
(無回答2名)

2009年度 年末一時金 ランクと支給額
S:7万円 0人
A:5万円 1人
B:2万円 19人
C:-2万円 1人
D:-5万円 0人
(無回答3名)

会社は「評定は公平に行う」としていますが、評定は公平に行われたと思いますか?

思う 0人
思わない 7人
どちらでもない 12人
(無回答4名)

(自由回答)
・基準が明確でない為、どの程度仕事をすればS評価になるのか分からない。ましてやD評価の基準も理解できない。
・自分たちの業種は1人できっちりとやれば成果が上がるものではないので、絶対的な評価が行われているとは思いません。さらに勤務態度であるような一般的な評価で会社への成果につながるとも思えませんし、結果的に働く人たちへのモチベーションにつながるものでもないと思います。
・きちんと上長は部下の働きぶりを見てくれているとは思えない。どういう情報をもとに判断しているのかきちんと知りたい。
・設定する以上その根拠を面談で示してほしい。⇒納得材料になるし、今後の業務姿勢改善にもつながる。
・何をもってして公平とするのかはずいぶん前からの課題で私は私で、では「どうすれば公平なのか」を現実的には未だ案となる具体性を持ててないので。
・評定の理由がわからない。1人の役員に理由をメールで聞いても返事が返ってこなかった
・他の人の評価が不明なのでわかりません。自分の評価はこんなものかと思います。
・評価の基準があったとしても、どれ位、正確なのか、不正確なのかわからない
・評価の判断が不明瞭なのでわからない
・あまりにも不透明なので判断材料がなく、よくわからない
・評定する人間が限られており、信用できるかどうか疑問です。もし、その人が評価するのであれば、私たちもその人を評価する必要があるのではないでしょうか。
・評価の方法がわからないので答えようがありません。
・根拠がない
・現場を知らない(一度も現場を見たことがない)人間が評定している
・どのように「公平な評価」を行っているのかが分からないと、公平か否かの判断はできません。
・だれが評価しているかわからないです。ある上司と話をしていても、自分がどんなロケに行っているか(自分いがいの人も)、番組のことを話しても、番組を全く見ていないというのがわかってしまいます。この人の評価だとすると・・・
・皆、仕事を一生懸命頑張っているのに評価するのはおかしいと思う。今回、部長代理クラスの人間の評価が夏季より下がっているみたいだ?(従業員の残業などで上長の管理を評価されたと思われる?)評価を下げられた部長クラスは不機嫌な様子だった。
・良く分からない
・誰がどう評定しているのかわからないので
スポンサーサイト
2010-02-04 : 組合新聞 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »
フリーエリア
Pagetop

FC2カウンター

TwitterWind

プロフィール

執行部

Author:執行部
福岡にあるテレビ朝日系列の民放局、KBCの関連プロダクション労働組合です。2000年に労働組合が設立されました。このブログでは組合新聞をテキストベースで紹介していきます。ご理解とご支援よろしくお願いいたします。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。