スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

559号

発行日2009年3月26日 559号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞

二次回答もベアゼロ。

 25日(水)に会社と団交を行い、会社から春闘要求についての回答が行われました。団交では、冒頭で会社から回答書(別紙参照)の読み上げが行われた後、組合から質問が行われました。

【以下団交発言より抜粋】

会社:お気づきだとは思いますが、会社は一次回答から精一杯の回答をしており、今回の二次回答でも精一杯の回答を示しています。
一時金については現在では回答できる材料がそろっていないので回答できません。
諸要求についても精一杯の回答です。しかし、踏み込んで言えば、ベースアップは回答できませんが、定期昇給に関しては下げるようなことはしません。
厳しい経済状況のもと定昇ストップの企業もある中で、定昇については踏みとどまって死守しています。また、定昇を守るためにも会社は努力しています。KBCと交渉を重ねた結果、KBCの制作費については現状を維持することが出来ました。
ところで、貴組合は要求書の中で物価の高騰を謳っていますが、会社が調べたところ、物価指数は下がっていていわゆるデフレになっている、会社の見解が間違っているなら、具体的な資料のもと指摘を行ってください。
リフレッシュ休暇制度については、貴組合と約束したものであるので、協議を行ったうえで、4月からの導入を目指しています。しかし約束をした時期と比べても、さらに経済状況が悪くなっており、導入を見送りたいところでもあるが、約束を守るという意味でも条件については精一杯の回答を行っています。
回答書にもあるように、これで協議終了というわけではないので、出来るだけ正社員と同じ条件となるように努力を行いたいと考えています。
今後経営状況が良くなれば条件を良くする事も可能だと考えています。

組合:では、組合から質問を行います。
会社が今年度は大幅な赤字となることは、一次回答でも説明があったので分かった。
しかし、リフレッシュ休暇については、休暇日数を3日ではなく5日にしても支出は変わらないのだから5日にできないのか?

会社:会社としては3日しか休めないという意味ではなく、3日休めば手当が支給されるという認識なので、5日間連続で休むことも可能です。ただし有給休暇には時期変更権もあるので、業務の都合によっては連続して取得できない(変更をお願いする)こともあると思います。ただし、手当については1万5千円が精一杯の回答だと考えています。
正社員が5日で3万円なので日当で6千円となることからも、無理なく導入するために考えた結果が今までの回答(3日で1万5千円)です。

組合:規定が3日となっていては、5日の申請をするのは現場によっては難しいのでは?

会社:まぁ、上長の判断になるとは思いますが、取得することは可能です。
しかし、回答書にも書いていますが、これで確定ではないので協議には応じます。

組合:ではこの件については、一度持ち帰った上で再度協議を申し入れます。

組合:会社は、ベアや諸要求の有額回答が行えない理由として、今年度が大幅な赤字となることは説明しているが、具体的に説明をしてもらえないか?

会社:一次回答でも説明しましたが、具体的数字についてはまだ確定していません。
確定していないものについて、説明を行っても最終的に変わる可能性があるので、会社としては、回答できないと考えています。

組合:従業員としては、赤字の原因を知りたいのです。原因が分からなければ赤字の解消もできませんので‥。

会社:赤字の原因は会社も調べています。いずれにせよ数字が確定したら回答します。

組合:一時金についても確定後ですか?大まかな時期だけでも示してもらえないか?

会社:会社としても労使慣行で7月に一時金が支給されていることは認識しています。
その事を念頭に置いた上で、回答は行います。
おそらく株主総会後の6月上旬ごろには回答できるのではないでしょうか。

組合:分かりました。

組合:ところで、他社の仕事を最近引き揚げたという情報があるが、何か理由はあるのですか?

会社:現時点ではお答えしにくいのですが、平たく言えばKBCから力を貸してくれといわれていて、KBC映像としてもKBCグループの一員として、KBCからの仕事を固めていきたいと考えているからです。

組合:ではiポータルの導入について、赤字の見込みであるこの時期になぜ導入したのですか?

会社:導入自体は昨年の7月に決まっていました。会社としてはみなさんの勤務管理を行う上でも、必要なものだと判断したので導入しています。

組合:実際にどのくらいの金額がかかっているのですか?

会社:数百万円です。

組合:今回の春闘の回答については、一度持ち帰って組合員と協議したうえで、組合としての意見をまとめたいと考えています。

組合:次に、以前会社から申し入れがあった、チェックオフに関する協約についてですが、
組合もチェックオフが正確に行われる為には、協約は必要なものだと考えています。
昨年の3月17日に組合から協約案が出されましたが、当時は“毎月チェックオフリストを提出する”という点と“提出期限”について折り合いがつきませんでした。今回はそれらの部分を修正したうえで、新たに協約案を作ってきましたので会社に提示します。(別紙参照)

会社:確かに受け取りました。役員会で協議したうえで、問題がなければ締結を行います。
何でもこのような細かいところから、決めていきましょう。

組合:では、今日の団交はこれにて終了します。

【ここまで団交発言より抜粋】


二次回答では、ベアゼロ・諸要求についてもゼロ回答という残念な結果となりました。

会社は今の経済状況からして、定昇を維持するが精一杯で、ベアを回答するほどの体力は今の会社にはないと主張しています。会社から具体的に説明が行われなければ到底納得することはできませんが、今回の二次回答について現場でも議論したうえで、執行部の皆さんは意見の収集を行ってください。

また、HOTBIZで『4月からは管理職の深夜割増賃金を支払います』と通知があったことについて、組合の春闘要求に答えたのかと会社に確認したところ、会社は「組合に要求されるまでもなく、支払わなければならないものだと判断したので、早急に対応したまでです」と回答しています。
会社は、はっきりと組合の要求に対する回答だとは認めませんでしたが、組合が要求をしたことによって、改善されたことには変わりはありません。

これからも私たちの労働条件を勝ち取っていくため、団結してがんばっていきましょう!


小幡書記次長が従業員代表選挙に立候補しました。KBC映像労組は小幡さんを全力で支援していきたいと考えています。
組合員のみなさんも応援をよろしくお願いします。
投票期間は3月27日(金)~ 3月31日(火)です。


安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる


スポンサーサイト
2009-03-26 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

558号

発行日2009年3月18日 558号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞

17日(火)に会社と団交を行い
二次回答を求める要求書を提出

 17日(火)に会社と団交を行い、16日の全体集会で承認された二次回答を求める要求書の提出を行いました。

要求書(PDF)

 団交では、組合から要求書の読み上げが行われた後、『一次回答で会社は今年度の業績予想が赤字であると説明を行ったが、赤字となった具体的な理由について説明が行われていないので、納得が出来るものではなかった。二次回答では改めて全ての要求について再検討して頂きたい。
また、重ねての要求となりますが、有期雇用者のリフレッシュ休暇制度についても、正社員と同様になるよう検討して下さい』と組合から補足が行われました。
 会社側からは『前も団交内で話したが、有期雇用者のリフレッシュ休暇制度については、決して有期雇用者を差別しているのではなく、契約が異なるのだから労働条件が異なるのだということです。以前、同条件で行われていたのは、前の経営者が間違っていました。とにかく、要求書は受け取りますので、会社側でも協議します。』と回答がありました。
 組合からは、再検討をよろしくお願いしますと伝え、要求書の提出は終了しました。

 団交ではその後、会社から『現在、組合とはチェックオフに関して交わしている協定があるが、従業員代表と控除に関する協定を締結する予定もあるので、改めて協定を結びたいと考えている。以前、組合にチェックオフに関する申入書を提出していたが、組合から何の回答も行われていない。細かいことを詰めていきたいので、組合の回答をお願いしたい』と要請があり、組合は『分かりました』と回答を行いました。

 組合新聞553号でもお伝えしていますが、チェックオフについてきちんと文書化することに、執行部として異存はありませんので、早急に組合としての意見をまとめた上で会社に回答を行っていきたいと考えています。

 一次回答では赤字であるということを理由に『ベアゼロ・諸要求に関してもゼロ回答・夏季一時金は回答無し』という回答が行われましたが、そもそも会社が赤字経営となるのは経営者の責任なのではないでしょうか?

 赤字だからといって待遇の改善が行えないというのは、到底納得できるものではありません。
私たちが安心して生活できる職場環境にしていく為にも、会社の不況宣伝に惑わされず、納得のいく回答が行われるまで、徹底してたたかっていきましょう。


二次回答指定日は3月25日(水)です。


3月16日(月)に全体集会を開催。

 16日(月)に全体集会が行われ、春闘要求の一次回答についての説明が行われたあと、今後の方針についての協議が行われました。
集会では、一次回答では赤字であるという理由で『ベアゼロ・諸要求に関してもゼロ回答・夏季一時金は回答無し』という回答が行われたことについて、執行部から「二次回答を求めていきたい」という方針の提案が行われると、組合員からも「赤字だからベアを出せないと言われても、なぜ赤字なのかの説明が無ければ納得ができない、会社の経営が赤字なのであれば、赤字を改善していかなくてはならないが、具体的な説明が無くては改善点も分からない」といった意見が次々と出されました。

その後、執行部から提案された要求書(案)について協議が行われ、
・基本的には二次回答では全ての要求について再検討を要求する。
・赤字の具体的な説明が行われるべきである。
・有期雇用者のリフレッシュ休暇制度に関しては、今後の最重点要求として取り組んでいくためにも要求書の中に再度盛り込む。
という方針のもと、二次回答を求める要求書が承認されました。

 また、集会では春闘要求以外にも、会社から回覧で通知されている技術部の変形労働制についての説明が行われました。

 変形労働制とは、一般的に繁忙期と閑散期が明確な企業に導入されるもので、分かりやすく説明すると1ヶ月の法定労働時間(KBC映像の場合154時間)を越えない範囲であれば、1日の所定労働時間を変更して時間外を払わなくてもよいというものです。また、労使協定もしくは就業規則での運用が可能です。(KBC映像では就業規則に盛り込まれています)

 変形労働制では、長時間労働が発生した日があった場合に、別の日の労働時間を短くすることで、1ヶ月の法定労働時間内に収まれば、最終的には時間外労働が発生しないという運用ができる為、別の日の労働時間が短くなることで休息をとれるという見方もできますが、数時間の勤務のために出社しても、長時間労働をした日の時間外勤務が付かないということもあります。

 そもそも変形労働制には、一ヶ月毎に出社時間と労働時間をあらかじめ通知しておかなければならないという原則がありますが、技術部ではロケの前日に社発の時間が決まることが多いので、事前に作った勤務表を毎日のように変更しなければならないという状況に陥る可能性がある事からも、技術部での運用は現実的ではないのではないかと執行部は考えています。

 変形労働制については、いろんな考え方があると思いますので、組合員からの意見をまとめた上で、今後会社と協議をおこなっていきたいと考えています。


安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
2009-03-18 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

557号

発行日2009年3月12日 557号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞

11日(水)の団交で春闘の回答が
行われるもベアゼロ。
諸要求もゼロ回答。夏季一時金は回答無し。

12日・13日は職集期間。
16日(月)に全体集会を行います。

11日(水)の18時から会社と団交を行い、会社から春闘要求についての回答が行われました。団交では、冒頭で会社から回答書(別紙参照)の読み上げが行われた後、組合から質問が行われました。

【以下団交発言より抜粋】
組合:賃金に関する要求で、会社は営業利益が大幅な赤字であるということを理由に挙げているが、具体的な金額を教えて下さい。
会社:今期の赤字については、具体的な数字も確定していないし、株主にも公開していないので、回答できません。世界的な不況で、我が社を取り巻く環境も非常に厳しいものがある。
組合が要求を出すのはもちろん自由ではあるが、現時点では精一杯の回答です。
会社としては雇用の確保と現状維持が責務であると考えています。
組合:夏季一時金についても、現段階では回答できないとのことだが、ある程度の時期は回答してもらえないか?
過去には赤字に陥った時でも、ある程度の時期は示されていたが‥
会社:回答できません。組合がどの時期のことを言っているのかは分からないが、今年の赤字は過去と状況が違う、どの方向を向いても非常に先行きが不透明な状況です。
回答書の回答が全てです。
組合:諸手当に関しても全く改善される回答がなされていないが、それも赤字が原因ですか?
会社:そうです。
会社:有期雇用者に関する要求で、組合は派遣切りのことを言及しているが、これについては判例も出ています。雇用の種類が異なるのだから、契約も異なるということです。
そもそも組合は無条件での正社員化を要求していますが、あなた方(執行部)も入社する際は試験を受けて入社しているでしょう。無条件でというのはおかしいのではないですか?
組合として、そこのところのロジックについてはどう考えているのか?
組合:もちろん私たちも試験を受けて入社している。
有期雇用者の方も、採用される際にある程度の試験は受けているでしょうし、有期雇用者として長く働いているということは、会社にとって必要な人材であるといえるのだから、無条件での採用を求めています。
会社:会社としては、回答書にもありますが一般公募で募集し公平に採用を行います。
組合:では、その試験で有期雇用者に何らかの優遇はしてもらえないのか?
会社:すぐには答えられません。
新卒には新卒の、中途採用には中途採用の魅力というものがあると思います。
組合:以前の団交の中で採用試験について、毎年一度は行うのが理想であるが、少なくとも2年に一度は行いたいと発言していたが、今年は試験を行う予定はあるのですか?
会社:そういう考え方に沿って試験を行わなければならないし、試験を行わないということはありえない。しかし、今の世の中の状況を考えると難しいでしょう。
現時点ではすぐには答えられないが、試験を行う際は通知します。
会社:他にありませんか?
組合:今回の回答はとても納得のいくものではないが、一旦持ち帰って検討します。
【ここまで団交発言より抜粋】

11日の団交では、会社からKBC映像は大幅な赤字であるという事実しか説明が行われず、具体的な数字や会社としての今後の方向性についての説明が全く行なわれないまま、ベアゼロの回答が行われ、諸要求についても何ら改善される回答が行われていません。
また、夏季一時金に関しては回答時期すら示されませんでした。
今回の会社の回答を受けて、執行部としては全く納得のいく回答ではないと考えていますが、組合員からの意見の収集を行った上で、今後の方針を決めていきたいと思います
そこで、3月12日(木)・13日(金)で職集を行い、職場ごとに今回の回答について協議をしてもらったうえで、3月16日(月)に全体集会を行い、今後の方針を決定したいと執行部は考えています。
一次回答は非常に厳しい回答が出されましたが、今春闘で成果を勝ち取るためにも団結して頑張っていきましょう!

12日・13日は職集期間。
16日(月)19時からKBC会館4階で全体集会を行います。

【 今後のスケジュール 】

3月12日(木)~13日(金) 職集期間
3月16日(月) 一次回答報告集会(19時~KBC会館4階)
3月18日(水) 争議支援統一行動日
3月20日(金) 第4回地連委員会(IN福岡)
3月25日(水) 労連統一再回答指定日
回答指定日

安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
2009-03-12 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

556号

発行日2009年3月11日 556号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞

本日は注目の一次回答指定日!

KBC映像労組の皆さん、そしてKBC労組の皆さんお疲れ様です。
本日はいよいよ注目の民放労連統一の春闘要求一次回答指定日です。
KBC映像労組では、18時より会社と団交を行い、その中で回答が行われる予定です。
今春闘は『正社員のベースアップと有期雇用者の年俸のアップ』・『有期雇用者の正社員化制度の確立』を主な争点としてたたかっていきたいと考えています。
また、昨年の年末要求で勝ち取った『有期雇用者のリフレッシュ休暇制度』についても正社員と同じ条件になるよう会社と交渉を行っていきたいと考えています。
KBC映像労組は、現在過半数組合ではない状況ではありますが、従業員約110名に対し43名の組合員がいます。しかし、会社は組合に何の通知もせずに従業員向けの回覧で『就業規則を改訂し、出張時の宿泊費を実費精算に変更する(今までは一律1万2000円)』と通知しました。組合が情宣でこのことを指摘したところ、後日会社から団交が申し込まれ、就業規則改訂についての説明は行われましたが、協議の対象は組合ではなく従業員代表であると発言しています。
【その後行われた、従業員代表選挙に山田書記長が立候補し、信任投票が行われましたが、総投票数が5票で信任1:不信任4という結果となり不信任となってしまいました。
組合としては山田書記長が再立候補する予定でしたが、不信任であったということを理由にその後の選挙の山田書記長の立候補が認められませんでした。その後再選挙が行われましたが立候補者がおらず、現在再々々選挙(4回目)の公示が行われています。】
また、団交では確認していませんが、会社は『1ヶ月以内の期間の変形労働制を技術部に導入する』と従業員向けの回覧で通知しています。変形労働制は就業規則により運用を行うことが出来るため、KBC映像の就業規則にも盛り込まれていますが、そもそも1ヶ月前にシフトを作成し通知するのが原則であることからも、技術部への適用は現実的ではないと執行部は考えています。
このような点からすると会社は、経営状況が厳しいという理由から、就業規則の改訂を行い、私たちの労働条件にまで手を付け、人件費を抑制しようとしているのではないかと疑わざるをえません。KBC映像の赤字体質は今にはじまったことではありません。安易に経費削減というお題目のもとに、私たちの労働条件を切り下げていくのではなく、赤字に陥っている原因を把握し分析した上で、対応策を見出さなくてはいけないのではないでしょうか?
今年の春闘は、先行きの暗い不況宣伝が多い中たたかっていかなければいけませんが、私たちの立ち位置を見失うことなく、私たちが安心して働ける職場をつくっていくためにも団結してたたかっていきましょう!!

【 今後のスケジュール 】

3月18日(水) 争議支援統一行動日
3月20日(金) 第4回地連委員会(IN福岡)

(組合新聞はインターネットでも見ることができます。『KBC映像労組』で検索して下さい。)

安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
2009-03-11 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

555号

発行日2009年3月10日 555号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞

明日は注目の一次回答指定日です。
今年もKBC映像労組は
KBC労組と共闘を行っていきます。
KBC労組との共闘運動第一弾として、
明日11日(水)に合同の朝ビラを行いますので
組合員は参加をお願いします。

合員は明日朝9時にKBC正面玄関前に集合!

今年もKBC映像労組はKBC労組と共闘して春闘をたたかっていきます。
具体的な活動としては、まず明日9時より合同の朝ビラを行いたいと考えています。
KBC映像で起こっている問題をKBC労組の組合員と共有することで、親会社であるKBCの会社にも、現場の声を届けたいと執行部は考えています。
また、民放労連や九州地連だけでなく、おなじ職場で働いているKBC労組と共闘を進めることで、より効率的に春闘要求実現にむけた運動ができると執行は考えています。
要求の実現を勝ち取るためには、地道な運動を続けていくしかありません。
まずは、明日の合同朝ビラへの全組合員の参加をお願いします。

春闘要求のストライキ権が確立!

今春闘における諸要求・夏季一時金および労連統一の要求に対するスト権はすべて高い得票率で確立しました。(裏面参照)
今年の春闘においてストライキ権を行使しないで済むものなら、それが一番良いのですが、私たち労働者に与えられた権利でもあるので、ストライキ権の確立は重要なものです。
春闘の要求実現のため全力で今後も運動を続けていきましょう!!

【 今後のスケジュール 】

3月11日(水) 朝ビラ&民放労連統一一次回答指定日
3月20日(金) 第4回地連委員会(IN福岡)
(組合新聞はインターネットでも見ることができます。『KBC映像労組』で検索して下さい。)

安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
2009-03-10 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム
フリーエリア
Pagetop

FC2カウンター

TwitterWind

プロフィール

執行部

Author:執行部
福岡にあるテレビ朝日系列の民放局、KBCの関連プロダクション労働組合です。2000年に労働組合が設立されました。このブログでは組合新聞をテキストベースで紹介していきます。ご理解とご支援よろしくお願いいたします。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。