スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

533号

発行日2008年10月29日 533号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞


年末要求の要求書を提出しました。
回答指定日は11月12日(水)です。


 10月28日(火)に会社と団交を行い、年末要求の要求書を提出しました。(裏面・別紙参照)要求書の読み上げを行った後、要求書についての補足の説明を執行部から行い「年末一時金に関しては、在福のプロダクションの支給額を考慮して、同等の支給額になるためにこのような算式の要求になっています。」と述べ、諸要求についても「有期雇用者についての要求を最初の項目に掲げていますが、要求書の中にもあるように、KBC映像の会社の商品は映像制作の技術であることからも、有期雇用者の技術が流出してしまう事は、会社にとっても大きなマイナスになっていると組合は考えます。よって、有期雇用者の待遇改善は組合として大きな問題だと考えているので、その点を考慮して検討をお願いします。生理休暇の有給化についても、春闘で会社は『年次有給休暇を利用して欲しい』と回答していますが、やはり問題が起こってからでは遅いと組合は考えていることからも、この件についても早急に検討をお願いします。」と要求書の重点項目について、会社に強い要望を伝えました。

 また、団交では要求書の項目には挙げていませんが、「KBCへの派遣でコンプライアンスに抵触している事例があるのではないか。」との指摘を行い、会社は『その件は会社も認識しているので、早急に役員会で検討します。』と回答がありました。

 また、ホットビズで『KBCへの派遣の現場で勤務表を15分単位で入力することになったことに伴い、KBC映像でも全社一律で15分単位での入力を導入し、一ヶ月単位での30分未満の端数に関しては切り捨てとします』と通達があったことに関し、組合は「就業規則が30分単位なのは承知しているが、15分単位での入力をするという実態があるのであれば、実態に合わせて入力できるように、労働協約などでお互いに納得のいくものにしていきたいと考えているので、この件に関しては今後も協議していきたい。」と交渉を申し入れました。

 昨日の団交で要求書の提出を行いましたが、年末闘争で要求を勝ち取るためには、組合員全員での運動が不可欠です。11月12日(水)の一次回答に向け、職場新聞や朝ビラなどの活動を行う予定ですので、組合員全員でたたかって行きましょう!!


【要求書の訂正のお知らせ】

臨時大会で可決された民放労連・九州地連統一要求書において、入力ミスがあり地連から訂正したいとの報告がありました。内容に関しての大きな変更はありませんでしたので、執行部の判断で訂正後の要求書を提出しました。

★訂正部分は以下の通りです 【労連統一要求】

1:~なきでデジタル化 ⇒ 「で」 を削除
2:派遣法~スト権 ⇒ スト権を「要求」に訂正
3:「成果」主義~スト権 ⇒ スト権を「要求」に訂正
4:朝日~スト権 ⇒ スト権を「要求」に訂正 以上


【 今後のスケジュール 】

11月 2日(日) プロ関連共闘会議(IN 東京)
11月12日(水) 民放労連統一・年末要求一次回答指定日
11月16日(日) 第2回地連委員会(IN 福岡)


安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
スポンサーサイト
2008-10-29 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

532号

発行日2008年10月28日 532号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞


本日、年末要求の要求書の
提出団交を行います。


年末要求提出団交

 10月23日(木)に開催された臨時大会において、執行部より提案された年末要求案が可決されましたので、本日18時から会社と団交を行い、年末要求の提出を行います。労連統一の提出日は明日29日ですが、KBC映像労組では執行部のスケジュールの都合により、本日要求書の提出を行うこととなりました。

 臨時大会では、執行部から出された要求書案について要求の項目ごとに説明が行われた後、質問と討論の時間が設けられ、組合員から多くの意見が出されました。

 中でも、人員要求に関しては「現場では人員不足が深刻な問題となっている、会社を辞めてしまう人が多く、ノウハウを教えてもなかなか引き継がれない。会社は、現状を把握したうえで待遇改善などの措置をとり、人材流出を防ぐべきである」といった内容の意見が出されました。また、有期雇用者からは「正社員と差別をされている感じがする。雇用形態が異なるとはいえ、同じ職場で働いているのだから、待遇は正社員と同じにして欲しい」といった意見が出され、執行部からは「正社員化への制度作りや、リフレッシュ休暇制度など、有期雇用者の待遇改善は重要な交渉事項だと認識している、この年末闘争でも有期雇用者の待遇改善は強く要求していくつもりです」と説明がありました。

 現在の社会情勢は非常に厳しいと報じられていますが、不況宣伝に惑わされることなく、会社の経営状況をしっかりと分析したうえで、私たちの生活を守り、より良いものにしていく為にも、年末闘争で闘っていきましょう!


[年末要求案 採決結果]

年末一時金要求・諸要求案 賛成:21 反対:0 保留:0
民放労連・九州地連産別統一要求 賛成:21 反対:0 保留:0

上記の通り有効投票数の過半数を超しましたので可決されました。

2008年10月23日 民放労連KBC映像労働組合 選挙管理委員会


【 今後のスケジュール 】

10月29日(水) 民放労連統一 年末要求 要求書提出日
11月 2日(日) プロ関連共闘会議(IN 東京)
11月12日(水) 民放労連統一 年末要求一次回答指定日
11月16日(日) 第2回地連委員会(IN 福岡)

(組合新聞はインターネットでも見ることができます。『KBC映像労組』で検索して下さい。)


安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
2008-10-28 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

531号

発行日2008年10月22日 531号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞


明日23日(木)19時より
KBC会館4階で大会を
行います。


立候補受付期間延長のお知らせ。

 組合新聞530号で、執行部改選の公示を行い、立候補者を募集しましたが、残念ながら定員に達しませんでしたので、立候補期間を延長し立候補者を募集します。

 今年の年末闘争および来年の春闘は、現在の社会の情勢からしても大変厳しいものになるでしょう。しかし、この大変な時期だからこそ組合が組織として機能し、セーフティネットの役割を果たさなければなりません。

 その大切な時期の執行部を引き受けるのは大変かとは思いますが、組合とは助け合っていかなければいけません。我こそはという希望者をお待ちしています。


明日19時より年末要求を決める大会を行います。

 明日23日(木)19時から、KBC会館4階会議室で今年の年末要求を決める大会を行います。昨年の年末闘争および今年の春闘において、正社員に関しては、一時金の上乗せやリフレッシュ手当の凍結解除などの待遇改善の回答を引き出していますが、有期雇用者への待遇改善が行われていないことからも、有期雇用者への待遇改善を望む意見が多く寄せられています。

 今年の年末闘争で、会社から有期雇用者への待遇改善の回答を引き出すためにも、まずは明日の大会で、みなさんの率直な意見をお聞かせください。

 大会には、組合員は全員参加してください。どうしても参加できない組合員は委任状をお願いします。


【 今後のスケジュール 】

10月29日(水) 民放労連統一 年末要求 要求書提出日
11月12日(水) 民放労連統一 年末要求一次回答指定日

(組合新聞はインターネットでも見ることができます。『KBC映像労組』で検索して下さい。)

安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
2008-10-22 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

530号

発行日2008年10月10日 530号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞


年末闘争に向け、執行部の改選を行います。


KBC映像労組執行部改選のお知らせ

 今、世間では麻生太郎首相がいつ衆議院を解散し、総選挙が行われるのかが注目されていますが、KBC映像労組では、年末闘争および来年の春闘に向けて、執行部の改選を行います。

 アメリカのサブプライムローンの崩壊を受けて、世界的に経済状況が悪化しているなかで、比較的影響が少ないといわれている日本においても、今年の年末闘争は厳しくなることが予想されます。
このような状況の中で成果を勝ち取るためには、正確な情報を入手し、それを分析したうえで、根気強く交渉していくことが重要です。労働組合本来の使命である、セーフティネットの役割を果たす為にも、まずは執行部を中心として組合としての組織力を強化していく必要があると思われます。

 我こそはと思う方は、選挙管理委員会に立候補の届出を行ってください。


第一回地連委員会開催

 10月3日(土)・4日(日)に第一回地連委員会が行われました。

 委員会では、最初に各単組から単組で抱えている問題や、年末闘争に向けての取り組みなどが報告されました。その報告を受けて地連の執行部から、現在の社会情勢や組合としての取り組み方についての説明が行われました。また、プロダクション関連の組合だけの協議の時間も設けられ、プロダクション特有の問題についての議論も行われました。

 委員会の中では、九州地連の伊規須顧問から『現在、放送局の収入は厳しい時代であると言われているが、これは社会全体の不況によるものなのか、それとも放送局という業界においての問題なのかを見極める必要がある。放送局を取り巻く情勢は、昨年末の放送法改正案の成立により大きく変わってきており、2011年のアナログ停波の時期にはさらに、情勢は私たち労働者にとっては厳しい状況になることが予想される。その厳しい時期を乗り切るためにも、労働組合の団結が必要である』と総評がありました。

 民放労連統一の年末要求の要求書提出指日は10月29日(水)です。年末闘争で私たちの職場をより良いものにするためにも、まずは組合員の皆さんからの意見の収集を行いたいと思います。
各職場の執行委員の皆さんは、各職場で職集を開いて意見の収集を行ってください。


★民法労連ケイ・ビー・シー映像労働組合 役員選挙公示

[公示]

民放労連ケイ・ビー・シー映像労働組合の役員改選における選挙を以下の日程で行います。
立候補を希望するものは、2008年10月16日(木)までに選挙管理委員会に届け出て下さい。



公示(立候補者受付) 2008年10月10日(金)~10月16日(木)正午まで
告示(立候補者告示) 2008年10月17日(金)~10月20日(月)まで
投票 2008年10月21日(火)~10月23日(木)まで

2008年10月9日 民放労連KBC映像労働組合 選挙管理委員会


【 今後のスケジュール 】

10月 9日(木)~23日(木) 民放労連ケイ・ビー・シー映像労働組合 役員選挙
10月23日(木) 民放労連ケイ・ビー・シー映像労働組合 第8回定期大会(予定)
10月29日(水) 民放労連統一 年末要求 要求書提出日

安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
2008-10-10 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム
フリーエリア
Pagetop

FC2カウンター

TwitterWind

プロフィール

執行部

Author:執行部
福岡にあるテレビ朝日系列の民放局、KBCの関連プロダクション労働組合です。2000年に労働組合が設立されました。このブログでは組合新聞をテキストベースで紹介していきます。ご理解とご支援よろしくお願いいたします。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。