スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

525号

発行日2008年7月28日 525号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞

E-mail: kbceizo‐uni@r2.dion.ne.jp
URL : http://www.interq.or.jp/ox/eizo-uni/


第107回民放労連定期大会が
福岡で行われました
 

 7月26日(土)・27日(日)の2日間。福岡市の博多スターレーンで“労働組合を変える!放送が、社会が変わる!”をスローガンに第107回民放労連定期大会が行われ、KBC映像労組からは山田書記長が代議員として参加しましたが、業務の都合で1日目のみの参加となりました。

 大会では、碓氷中央執行委員長から「アナログ放送終了まであと3年を切ったが、地デジ難民を一人も出さない為にも、労働組合としても対策を考えなければならない」と挨拶があり、来賓のMIC嵯峨さんからは「マスコミで働いている人間なら感じていると思うが、今は戦後ではなくむしろ戦前であると言われている。過去に戦争が起こった際にマスコミは、戦争を止めることができなかっただけでなく、世論を操作し戦争を煽ってしまった。今度戦争が起きるとすれば、マスコミは果たして戦争を止めることが出来るのだろうか?また、何をすべきなのだろうか?」と、マスコミの存在意義を問いかけるような話がありました。

 その後、春闘の総括や社会情勢についての説明が井戸書記長より行われ「労働組合は社会のセーフティネットの役割を果たさなければいけないが、その役割を果たせているだろうか?労働組合の力が弱くなっている時代で、こういう時代だからとあきらめてしまってはいないか?格差社会と言われているが同一価値労働・同一賃金の原理は守られているか?過度の格差はもはや明治時代以前に行われていた身分差別と同じである。
2003年の厚生労働白書では、『雇用形態の多様化は時代に沿ったものである』と見解を出していたにもかかわらず、今年の厚生労働白書では『少子化が進むなか、我が国の産業を支える人材の育成を進める為にも、雇用形態は長期雇用(いわゆる日本型終身雇用)が望ましい』と見解が出されている。国の方針が簡単に変わるのは問題があるが、派遣法改正で有期雇用が増加したことは、社会全体の問題であると国が判断したのだろう」と社会情勢についての説明がありました。

 08春闘については「企業の業績は好調であるにもかかわらず厳しい結果だった。しかし、積極的に闘った組合には成果が出ていることからも、成果を勝ち取るには組合の団結の力が重要である」と説明がありました。

 その後、討論の時間では、各単組から08春夏闘についての報告や様々な問題の報告が行われ、KBC映像労組からは1月の臨時大会で報告した従業員代表制度の経過報告と春闘の報告を行いました。

 従業員代表制度については、組合員数が過半数に達していないことが原因で、従業員代表を決める選挙が行われ、結果的には75パーセントの得票率で組合の田中委員長が当選したこと。その後、代表になった田中委員長は組合との協議を希望したが、会社がこれを受け入れず、職場委員会なるものを提案されたこと。しかし、この委員会では従業員側の委員に会社の管理職が含まれていることからも労使対等ではないと考え、田中委員長はこの提案を拒否したこと。その後、会社とは“協議の方法”についてのみ協議が行われており、現在は労使委員会を提案していることなどを報告しました。

 春闘については、過去最高の収益を達成し目標であった累積赤字を解消したにもかかわらず、ベアや賃金の改善が行われなかったが、三次回答で妥結したこと。夏季一時金については、過去最高の算式が提示され有期雇用者にも業績に応じて考えるという前向きな回答があったことからも、二次回答で妥結したこと。諸要求については、今年度から正社員にのみリフレッシュ手当が復活したが有期雇用者には支給されないこと。しかし、これまで支給されていない分は未払い賃金にあたると組合は考えていることからも、今後の継続協議とすること。母性保護に関して生理休暇の有給化を求めていたが、会社から「医師の診断書などを提出する義務を課せないことからも、制度を悪用される恐れがあり、法律でも有給化を義務付けられていないことからも当社では無給とする」という見解が出されたことを報告すると、会場から「これはひどい」という声も聞こえてきました。その後の協議でも、法的根拠が無いことを理由に、会社は有給化を認めていないことを報告しました。

 その他の報告を抜粋して紹介すると、長崎ビジョン労組から、昨年末に4年に渡る争議が結審し、ほぼ組合側の主張が認められ県労委から“会社は労働組合との団体交渉は誠実に行わなければならない”という救済命令が出されたことの報告がありました。

 TNCプロジェクト労組からは、「派遣業務で3年以上勤務した場合に、その職場に新たに採用を行う際には、派遣先は派遣されているものに直接雇用の申し入れを行わなければならない」とする、いわゆる派遣法40条の5を民放企業に遵守させるための“テレ西40条の会”を発足させたことの報告が行われました。

 討論の最後で、中央執行委員の井戸書記長から問題を抱えている単組へのアドバイスがあり、
KBC映像労組の従業員代表制度について「法律的には従業員代表が調印しなくてはならないが、労働条件についての協議は組合とも行うべきである。会社には団体交渉を受ける義務があることからも、組合からも交渉を申し入れたほうがよいでしょう。」とアドバイスを頂きました。

 討論をもって大会1日目は終了しましたが、その後に交流会が行われ、系列を超えて他単組との交流を深め、有期雇用者の問題などについて情報の交換を行いました。

 今回の大会に参加して感じたのは、組合というのはやはり団結することが重要であり、民放労連に加盟していることで、日本全国の組合は協力して闘っているのだということを再確認できました。

 従業員代表を決める選挙の時には、75%の従業員に田中委員長(すなわち労働組合)が支持されたことからも、労働組合の重要性は従業員も感じているのだと思います。早急にKBC映像労組が過半数組合となるように今後も運動をすすめていきたいと執行部は考えています。

※別紙にてテレ西40条(派遣法)の会と長崎ビジョンの資料を掲載しています。


大会の様子
大会の様子

報告を行う山田書記長
報告を行う山田書記長

闘魂の注入
交流会では九州プロレスの筑前りょう太選手から闘魂の注入もありました。
(技を受ける労連本部御田副委員長)


大会で実行委員をしていただいた組合員の皆さん、お疲れ様でした。

(組合新聞はインターネットでも見ることができます。『KBC映像労組』で検索して下さい。)

安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
スポンサーサイト
2008-07-28 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

524号

発行日2008年7月25日 524号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞

E-mail: kbceizo‐uni@r2.dion.ne.jp
URL : http://www.interq.or.jp/ox/eizo-uni/


第107回民放労連定期大会
代議員信任投票 開票結果


 下記の通り、山田書記長がKBC映像労組の代議員として信任されました。

 大会では、今春闘の報告のみならず、リフレッシュ休暇制度の問題や生理休暇の有給化の問題について発言を行うとともに、全国の労連加盟単組へのアピールを行ってきます。


524 kekka


【 今後のスケジュール 】 

7月26日(土)~27日(日) 民放労連 第107回定期大会(福岡市)
8月上旬            KBC映像労組第4回臨時大会(予定)

安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
2008-07-25 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

523号

発行日2008年7月18日 523号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞

E-mail: kbceizo‐uni@r2.dion.ne.jp
URL : http://www.interq.or.jp/ox/eizo-uni/


16日(水)の大会で分離収拾案可決。
夏季一時金の妥結調印を行いました。
支給日は7月23日(水)です


KBC映像労組第3回臨時大会

 17日(水)19時より臨時大会が行われ、春闘における賃金部分の分離収拾案が出されました。
大会では分離収拾を図る理由として、会社が正社員の夏季一時金については過去最高の算式を提示してきたこと、有期雇用者については会社から「業績に応じて検討したい」という前向きな回答あったことが大きな理由であるという執行部からの説明が行われました。

 質疑応答では、組合員より「正社員に1万円上乗せできる原資があるのなら、それを有期雇用者と分けて支給する事はできなかったのか?」という質問や、「年俸を決める評定の方法が不透明で、昨年は評価が下がった説明を求めたが説明してもらえなかった。評定は10月頃までに行われていると聞いているので、それまでに対策を考えて欲しい」といった意見が出されました。

 質問に対して執行部は「一律金の原資の分配については団交でも確認しているが『すぐには難しい』と会社が回答していること。査定の方法についても団交で質問しているが、前労担の時には『評定結果は本人には見せません』 という回答をしており、組合が評定用紙(個人の情報ではなく、評定項目)の開示を求めたところ、『検討します』と会社は回答しています」と説明を行いました。

 また、大会では今後の方針の説明が採決の前に行われ、ベアや有期雇用者への別封などの賃金を勝ち取るためには、春闘・年末闘争の時期だけではなく、日頃から組合の団結を深めていく運動を続けていく必要があること。会社と対等の立場で協議できる存在になるためにもKBC映像労組を過半数組合しなければならないこと。さらに、三次回答で求めていた生理休暇の有給化の要求や、有期雇用者へのリフレッシュ休暇制度については今後も継続して協議を行うことを組合員に説明しました。

 また、これまで組合新聞では掲載していなかった、時間外割増賃金の計算式に誤りがあり、本来は含まれるべき住宅手当が含まれていなかったと会社から報告があったことの説明が行われ、以前より組合が主張していた正社員のリフレッシュ手当の凍結が違法であるという問題と共に、今後の臨時大会で組合員と協議を行ったうえで方針を決定したいという報告を行いました。

 大会ではその後、分離収拾に関する採決が行われ、賛成多数で分離収集案は可決されました。

 賃金に関する妥結は行いますが、全ての問題が解決した訳ではありません。
今後とも過半数組合を目指して、団結して頑張っていきましょう。


   春闘における賃金に関する分離収拾案 採決結果

   賛成15  反対3  保留3
   有効投票数の過半数を超えましたので可決されました。

   KBC映像労働組合 選挙管理委員会


妥結調印団交

 臨時大会での分離収集案の可決を受け、17日(木)午前9時15分から団交が開かれました。

 団交の出席者は業務の都合で田中委員長不在となりましたが、山田書記長から「有期雇用者の別封について『業績に応じて検討したい』という前向きな言葉があった。このことから分離収集を提案し、可決となった。」と一言述べ、調印となりました。

 妥結調印書にも記載されていますが、支給日は7月23日(水)となります。



   労連定期大会出席代議員の信任投票期間です

   本日から、7月24日(木)まで「民放労連第107回定期大会」の
   出席代議員信任投票期間となっています。全組合員は必ず投票を行ってください。

   立候補者  山田有一郎(KBC制作技術部派遣)
   投票期間  7月18日(金)~24日(木)正午まで

   KBC映像労働組合 選挙管理委員会


【 今後のスケジュール 】 

7月26日(土)~27日(日) 民放労連 第107回定期大会(福岡市)

安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
2008-07-18 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

522号

発行日2008年7月15日 522号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞

E-mail: kbceizo‐uni@r2.dion.ne.jp
URL : http://www.interq.or.jp/ox/eizo-uni/

明日、7月16日(水)19時から
KBC会館4階会議室にて臨時大会を開催します。


 521号でもお伝えしましたが、7月8日(火)に団交が開かれ、ベアに対する三次回答と夏季一時金に対する二次回答、リフレッシュ手当と生理休暇に対する二次回答が行われました。

 回答では、夏季一時金に対しては正社員に対する一律金が1万円アップしたものの、その他の要求に対しては、納得のいく回答は得られませんでした。しかしながら、会社は団交の中で有期雇用者のリフレッシュ手当てについて「前向きに検討する。」といったこれまでになかった発言もしています。当然の事ながらこの会社発言をどう評価するかは、組合で議論すべき内容であると執行部は考えています。

 そして、7月10日(木)に代議員会を行い、明日16日19時から臨時大会を開催することを決定しました。大会ではベアと夏季一時金要求の部分収拾の提案を行うとともに、リフレッシュ手当と生理休暇の有給化などについて、皆さんと議論し、今後の取り組みを決定したいと考えます。これからの私たちの労働条件に直接かかわる重要な項目となっていますので、全組合員は必ず参加してください。どうしても参加できない組合員は委任状をお願いします。

521 kouji

【 今後のスケジュール 】 

7月18日(水)19時     KBC映像労組臨時大会 於:KBC会館4階会議室
7月26日(土)~27日(日) 民放労連 第105回定期大会(広島)

安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
2008-07-15 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

521号

発行日2008年7月9日 521号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞

E-mail: kbceizo‐uni@r2.dion.ne.jp
URL : http://www.interq.or.jp/ox/eizo-uni/


会社から回答が出るもベアゼロ
有期雇用者への別封は出ず
正社員の一時金は1万円上乗せ


昨日、午後6時から団交が開かれ、春闘要求の三次回答と夏季一時金の二次回答が行われました。

会社:高浜労担、岡取締役、長野総務部長、阿高総務部長代理
組合:田中委員長、丸山執行委員、山田書記長、小幡書記次長

 回答書(別紙参照)(※pdfファイル置き場にあります)にありますが、賃金については残念ながらベースアップ・年俸額の引き上げ等の賃金を改善される回答はありませんでした。夏季一時金の回答では正社員には一次回答より一律金が1万円上乗せされており、昨年夏の妥結算式より1万円多い(昨年末妥結と同じ算式)回答が出されましたが、有期雇用者に関しては一次回答と同じく、年俸制を理由に別封の支給はないという回答が出されています。

 会社は回答書の中で、「昨年度の決算が確定し念願の累積赤字が解消されてはいるものの、今年度は賃金の引き上げを行う程の見通しがないことから、賃金の引き上げは行えない」との回答を行っています。組合が「過去最高の収益の達成だけでなく累積赤字も解消されたのなら、なおさら賃金の改善で評価するべきではないのですか。」と質問すると、会社は「累積赤字が解消されたのは感謝しているが、ベアや年俸額の引き上げは、今後も黒字が2・3年続くような経営体質にならないと難しいと考えている。ある意味やっとスタートラインに立ったのだといえる。ただし累積赤字を解消できたことに対しては、正社員の一律金を引き上げることで回答している。」と答えたので、組合が「一律金が1万円上乗せされたことは組合も評価しています。しかし、有期雇用者への別封については今回も年俸制であるという理由で支給がないという回答をしています。以前累積赤字が解消されたときは、構内で働く人全員に別封が配られたことからも、今回も別封の支給があってもいいのではないか。」聞くと、会社は「当時の役員の考え方は分からないが、有期雇用者については年俸制で一時金は無いということで契約を結んでおり、納得した上で契約してもらっていると考えている。しかし、有期雇用者の人が一時金での評価を望んでいるのなら、今後会社の業績に応じて考えなければならないでしょう。今はそれだけの資金力を持ちえてないということです。累積赤字を解消したといっても、ここは慎重にならざるを得ない。株主配当もしていない。一律金での回答が精一杯でベアや有期雇用者の方については組合の要求にお答えできなくて申し訳ない。」と説明し、組合の判断もあるでしょうがと前置きはしながらも「これが会社としては最終回答です」と会社の考えへの理解を求めました。

 
 リフレッシュ休暇制度の回答について組合からの「前向きに検討すると回答書にあるが、これは正社員と同じ適用をするということで検討しているのですか。」という質問に対しては「そこは同じになるかどうかは分からないが、正社員と契約スタッフとでは自ずと違っているので、(正社員と)異なることは考えられる。しかし、手当については支給しなければいけないだろうと考えてはいます。時期についても取締役会で議論は行われましたが、現時点では要求には答えられません」と答え、回答書にあるとおりの前向きな議論を行っていること以上の説明はありませんでした。

 生理休暇については会社から「生理休暇を有給としている会社は社会全体としてはまだ少なく、法律的根拠や道義的根拠も無いことからも当社では無給としている。また年次有給休暇という制度があることからも、その制度を利用することで休むことは可能であり、有給が無くなって生理休暇を実際に申請したという報告も聞いていないことからも、無給だからといって問題はないのではないか」と回答がありました。そこで組合が「派遣に出ている社員が有給休暇を取得するためには、今の契約では原則として代替要員を出さなければならないので有給休暇は申請しづらいという現状があり、生理が理由であればなおさら申請しにくいのです。社員のなかには体調が悪いときは薬を飲んで症状を落ち着かせて業務を続けている人もいます。ですから、年次有給休暇ではなく特別休暇の生理休暇として申請できるように生理休暇の有給化を求めているのです」と答えると、会社は「会社の現状を気遣ってもらっているのはありがたい。健康が第一なので体調が悪いときは遠慮をせずに有給を申請して下さい。今回生理休暇についての要求があったことは、派遣先の会社にも話をしているので理解はしていただけると思います。しかし、現状としてすぐに生理休暇を有給とする判断はできません。今後、年次有給休暇がなくなった際に生理休暇を申請する者が出てきたときには、会社としてもなんらかの対応をしなければいけませんし、その際は貴組合とも協議したいと考えています」と回答しました。

 今回会社は、すぐには生理休暇を有給とすることはできないとの回答を行いましたが、年次有給休暇をすべて消化した社員が生理休暇を申請するという事例が発生した場合は対応しなければいけないだろうという見解を示しています。組合は、年次有給休暇が生理休暇の代替となってはいけないと考えていますし、いのちと健康を考えても問題が起こる前に対応しなければいけないと考えていますので、この件については今後も協議をしていきたいと考えています。


10日(木)に代議員会を行います。代議員の皆さんは必ず出席してください。


【今後のスケジュール】

7月10日(木)         代議員会(昼休み KBCビル6階書記局にて)
7月26日(土)~27日(日) 第107回民放労連定期大会(IN福岡)
7月26日(土)~27日(日) 第54回日本母親大会in愛知

安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
2008-07-09 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

520号

発行日2008年7月8日 520号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞

E-mail: kbceizo‐uni@r2.dion.ne.jp
URL : http://www.interq.or.jp/ox/eizo-uni/

本日は春闘要求・夏季一時金回答指定日です

 本日は、春闘要求三次回答及び夏季一時金二次回答の回答指定日です。これまで会社は昨年度の収益が過去最高を達成したことに感謝の意は示しているもののベアゼロ回答を行い、夏季一時金については昨年夏の妥結算式と同じ回答が出されています。このままでは6年連続でベアゼロとなり、物価が高騰している世の中で、ますます私たちの生活は苦しくなってしまいます。

 また、有期雇用者の夏季一時金については年俸制であるという理由で「支給しない」という回答を行っていますが、昨年度の過去最高の収益達成には有期雇用者も大きく貢献していることからも、別封などで一時金が支給されるべきなのではないでしょうか?

 組合は、春闘要求の「母性保護に関する要求」で生理休暇の有給化を求める要求を出しており、一次回答で会社は「現行どおりとします」という回答を行っています。また会社はホットビズ(社員向け回覧)でも見解を示しており、生理休暇について『医師の診断書などを提出する義務を課せないことからも制度を悪用される恐れがあり、法律でも有給化を義務付けられてはいないことから当社は無給とする』と回答しています。法律のいろんな解釈はあると思いますが、法律では生理休暇を有給化しなくて良いとしているのではなく、生理による休暇の申請があった際に安心して休暇を取れるような環境の整備を会社に義務付けた上で、具体的に有給で何日与えなければいけないという規定はせず、その範囲については会社に判断を委ねているのではないでしょうか?

 労働基準法は戦後に制定された法律です。当時は女性が社会で働くということが少なかったこともあり当時の条文が採用されているのだと思われます。現代では女性も積極的に社会に進出しており、社会全体としても働く女性を支援しようという流れがあります。わたしたちは世の中に社会の問題点を提起する立場のマスコミで働いています。まずはわたしたちの職場から女性が安心して働ける環境を作っていく必要があるのではないでしょうか。(参考までに、民放労連に加盟している組合がある会社では、9割以上の会社で生理休暇は有給となっています)

 ★7月26日・27日博多スターレーンで開催される「民放労連第107回定期大会」の代議員公示中

[公示]
2008年7月26日(土)・27日(日)の2日間、福岡市(博多スターレーン)で行われる
民放労連第107回定期大会の代議員(定数1)を労連規約に基づき、下記のとおり選出します。
立候補を希望するものは、2008年7月14日(月)までに選挙管理委員会に届け出て下さい。



公示(立候補者受付) 2008年7月 8日(火)~7月14日(月)正午まで
告示(立候補者告示) 2008年7月15日(火)~7月17日(木)まで
投票         2008年7月18日(金)~7月24日(木)正午まで  以上

2008年7月8日 民放労連KBC映像労働組合 選挙管理委員会

※裏面にテレ西40条(派遣法)の会についての発文書を掲載しています。

【今後のスケジュール】

7月 8日(火)         春闘要求三次回答・夏季一時金二次回答指定日
7月26日(土)~27日(日) 第107回民放労連定期大会(福岡 博多スターレーン)

(組合新聞はインターネットでも見ることができます。『KBC映像労組』で検索して下さい。)

安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
2008-07-08 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

519号

発行日2008年7月2日 519号
民放労連KBC映像労働組合 組合新聞

E-mail: kbceizo‐uni@r2.dion.ne.jp
URL : http://www.interq.or.jp/ox/eizo-uni/


春闘要求の三次回答および
夏季一時金の二次回答を求める
要求書を提出しました。

 
昨日、午後6時から団交が開かれ、6月30日(月)の代議員会で承認された要求書を提出しました。

会社:高浜労担、岡取締役、長野総務部長、阿高総務部長代理
組合:田中委員長、山田書記長、小幡書記次長、丸山執行委員

団交では会社から、6月25日役員人事に伴い、高浜取締役が労担となること。岡取締役も引き続き団交には参加すること。そして総務部長となった長野部長が新たに団交に参加することが説明されました。
団交で会社は「要求書が出されているので、回答書できちんと説明します。この場では簡単に申し上げます。」と前置きをした上で、「日本国内および世界的に見て生理休暇が有給となっている割合がどのくらいかはご存知ですか。全産業で見ると低いです。6月30日にホットビズにものせていますが、生理休暇の有給化については、申請があった際にそれが生理によるものなのかを判断するのが困難な上、医師の診断書などを求めることも法律上認められていないことからも、制度を悪用される恐れがあるので、法律でも生理休暇の有給化を義務付けられていないのだと会社は認識しています。よって、我が社においては今のところ導入は難しいと考えます。」と回答しました。
これに対し組合は「全産業では分からないが、民放労連に加盟している労組で放送局に関しては、ほとんどの局で有給となっているという報告があります」と答え、さらに「こちらもきちんと調べたわけではないが、全国的な労働組合の組織率を考えても、全産業で考えると低いとは思う。しかし、組合は、組合員と構内で働く労働者の命と健康を守り、安心して働ける環境を作るという観点で考えている。全国的に数値が低いからという考え方はない。」と組合の考え方を示しました。この要求については、会社も「きちんと協議には応じる。」と発言していますので、会社の正式な回答を待った上で、今後も協議を続けていきたいと考えています。

回答指定日は7月8日(火)となっています。(要求書は裏面掲載)
(※pdf置き場に格納しています)

6月21日(土)~22日(日)に広島市で開催された
「第45回全国女性の集いin広島」の報告を別紙で掲載しています。
(※pdf置き場に格納しています)


【今後のスケジュール】
7月 8日(火)         春闘要求三次回答・夏季一時金二次回答指定日
7月26日(土)~27日(日)  第107回民放労連定期大会(IN福岡)
7月26日(土)~27日(日)  第54回日本母親大会in愛知

安定した雇用を勝ち取ることが会社を守ることにつながる
2008-07-02 : 組合新聞 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム
フリーエリア
Pagetop

FC2カウンター

TwitterWind

プロフィール

執行部

Author:執行部
福岡にあるテレビ朝日系列の民放局、KBCの関連プロダクション労働組合です。2000年に労働組合が設立されました。このブログでは組合新聞をテキストベースで紹介していきます。ご理解とご支援よろしくお願いいたします。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。